458【児童心理学】3単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数603
ダウンロード数74
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (明星大学・通信)
    児童心理学3単位目の合格レポートです。みなさんの学習の参考資料としてお役立てください。
    このレポートの課題は、以下の通りです。 

    1.知能の発達に影響する環境的要因および心理的要因について述べなさい。
    2.フラストレーション耐性について説明し、その育成の要因について述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育
    458【児童心理学】3単位目 合格レポート
    講評:1.知能の発達に影響する2つの要因について、的確に書かれています。
    2.フラストレーション耐性について、要点が良くまとめられています。
    1.知能の発達に影響する環境的要因および心理的要因について述べなさい。
    知能はおよそ、学習能力、抽象的思考能力、環境への適応能力の三つの考え方に分けられる。そのうち環境への適用能力とする立場のウェクスラーは知能を、「各個人が目的的に行動し、合理的に思考し、環境を効果的に処理する総合的または全体的能力である」と定義している。知能は遺伝と環境によって発達していくが、ではどのような環境的要因・心理的要因が子どもの知能の発達に影響を及ぼしているのか。
    環境的要因については、家族のしつけ方・養育態度・モデリングなどが、大きな役割を果たしている。家族、特に母親が子どもに温かく、受容的・配慮的に接することが知的発達に促進的影響を及ぼしていく。また、豊かな言語環境によって優れた言語能力を持つことは、知能の発達を効果的に進め、一つ一つの行動をていねいに確実に行うよう仕向けていく養育態度は対象や場面を的確..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。