458【児童心理学】2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,046
ダウンロード数102
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (明星大学・通信)
    児童心理学2単位目の合格レポートです。みなさんの学習の参考資料としてお役立てください。
    このレポートの課題は、以下の通りです。

    1.幼児期における生活習慣の形成について説明し、その発達的意義について述べなさい。
    2.思考推進機能・行動調整機能の分化について説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育
    458【児童心理学】2単位目 合格レポート
    講評:1.生活習慣について、良くまとめられています。
    2.言語の発達や機能が整理できています。
    1.幼児期における生活習慣の形成について説明し、その発達的意義について述べなさい。
    生活習慣とは、毎日の生活の中で規則的に繰り返される行動型をいい、幼児期には、主に運動機能の発達に応じて基本的生活習慣を身につける必要がある。
    基本的生活習慣には、食事(食事行動の自立や規則性)、睡眠(就寝・起床時刻の規則性)、排泄(排泄行動の自立)、着脱衣(衣服などの着脱行動の自立)、清潔(顔を拭く、歯磨き、うがいなどの自立)がある。これらのおおよその発達基準は、食事・睡眠が三歳半、排泄・着脱衣・清潔が四歳である。
    基本的生活習慣は一定の行動が出来るだけでは不十分であり、それが必要な時に自律的に出来なければならない。その習慣形成の条件として、①習慣形成の時期、②行動形成、③過剰学習、④承認・サポート、の4点が挙げられる。
    ①習慣形成の時期とは、幼児の運動能力の発達基準に合わせてしつけをするということである。目安としては、運動機能の発達との関係から、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。