451【教育方法学】1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数843
ダウンロード数46
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (明星大学・通信)
    教育方法学1単位目の合格レポートです。みなさんの学習の参考資料としてお役立てください。
    このレポートの課題は、以下の通りです。

    1.我が国の教育方法の歴史をまとめた上で、今後の課題を整理せよ。
    2.問題解決学習について調べ、具体的な実践例を考えよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育
    451【教育方法学】1単位目 合格レポート
    講評: 1.教育方法の流れに関して理解が得られました。
    2.具体的な面からの検討が進められています。
    1.我が国の教育方法の歴史をまとめた上で、今後の課題を整理せよ。
    日本で教育方法が意識されるようになったのは、動機づけが十分でない学習者が教育施設に通うようになった江戸時代からだといえる。この時代には庶民が通った寺子屋があり、ここでは手本を学ぶ・真似るという手習いが尊重された。
    明治維新後、新政府によって教育の近代化が進められることとなった。この時代は早期に欧米の経済力・技術力に追いつく人材育成を図るため、教師が教科書を使い、一斉に授業を行う画一的な一斉教授の方法が採られた。
    大正デモクラシーの波は、教育界にも新教育運動という形で現れた。それは、画一的で注入主義的な教育を批判し、子どもの発達段階や個性などを重視するという運動である。子どもに思考させ、活動させながら主体的に学習内容を獲得していく教育方法や、子どもの理解度に応じて学級を複数に組織するなどの実践が行われた。しかしこれらは師範学校付属小学校や私立小学校などに限られた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。