583【教師論】 1単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数804
ダウンロード数32
履歴確認
更新前ファイル(2件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    (明星大学・通信)
    教師論1単位目の合格レポートです。みなさんの学習の参考資料としてお役立てください。
    このレポートの課題は、以下の通りです。

    1. 教員養成の歴史について論述せよ。
    2. 教職の専門性について論述せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育
    583【教師論】1単位目 合格レポート
    講評: 分かりやすくまとめています。教職と他の専門職との違いをもっと明らかにすると良いでしょう。(合格です)
    1.教員養成の歴史について論述せよ。
    明治5年、日本政府は教育の近代化を企図し、「学制」を公布するとともに、小学校教員の養成を目指した官立師範学校を設立した。翌年の「小学校教師心得」では、小学校教員は「師として模範を示す」者とされ、明治14年「小学校教員心得」では、儒教主義による道徳的教育を優先することが示され、これが師範教育の理念を方向付けることとなった。
    初代文部大臣の森有礼は「国民教育の根本は師範教育にある」と主張し、その影響を受けた「師範学校令」が明治19年に公布された。ここには「従順・友情・威儀」という三気質が挙げられ、師範学校において教育すべき最重要課題として規定された。また、師範学校は給費制とされ、卒業後10年間教職に就く服務義務制となった。加えて、全寮寄宿制がとられ、厳格な軍隊式規律を重んじた。
    明治30年の「師範教育令」公布により、師範学校を各府県に数校設置できるようになり、私費生を認め、女子師範学校の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。