英米文学概論2

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数172
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『アメリカにおけるピューリタン文学の特
    色を書きなさい。』
     アメリカ文学は、イギリス文学の影響を大きく受けている文学である。そもそも、イギリス人によって植民地が開設された際に、植民地文学として始まったものであり、17世紀頃から始まったきわめて歴史が浅い文学である。それゆえ、イギリス文学とは違い、伝統を持たない文学である。その中で、アメリカ文学において17世紀頃から栄えたのは、ピューリタン文学であった。もともとイギリスにおいて、ピューリタンたちの中で、国教徒大弾圧から逃亡した者たちが、アメリカ大陸への移住をし、その際に持ち込まれたのが、アメリカにおけるピューリタン文学の始まりであった。
    もともと、アメリカ文学の始まりは、先ほど述べたように17世紀にイギリス人によって持ち込まれたものであるが、当時17世紀はじめのイギリスは、文学の全盛期であり、特にシェイクスピアの活躍期で、四大悲劇をはじめ多くの傑作が蔓延していた時期である。そのような時期に、イギリス人によってアメリカ大陸に文学がもたらされたのだが、その頃、移民たちの多くは宗教や、経済上の理由から新天地をもとめていた難民であったため、開拓..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。