英米文学概論1

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数279
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『18世紀においてイギリスが他国に先がけて
    小説を生み出したのは何故かをイギリスの歴史
    とそれが生み出す社会を考察しつつ述べよ。』
     イギリスは、世界で最初に近代化を成し遂げ、文化面においても、他の国に先駆けて成熟した。そして、文学においても、他のヨーロッパ諸国に先駆けて数々の名作小説を生んだ。ヨーロッパの近隣国、例えばドイツやフランスにも文学が栄えた時代はあり、その名作は数知れない。しかし、それは衰退の道をたどったり、空白の時代があったりした。その中で、イギリス文学は衰退することなく、栄えつづけ、文学の地位を確立させた。そのようなイギリス特有の文学の栄えは、どのような社会背景が生んだものなのであろうか。また、イギリスにどのような影響をもたらしたのであろうか。
    それにはまず、イギリスという国を取り囲む自然や環境が関係していたといってよいだろう。イギリスは日本と同じ島国であったのだが、日本のように孤立した島国ではなかった。特に東南部は、ドイツ、フランス、ネーデルランドに直面していたため、文化や思想、技術を多方面から取り入れることができた。そういった様々な文化や、社会の流れをいち早く他国か..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。