俺半導体

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数152
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    理系理工学

    代表キーワード

    理系理工学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.目的
     まず、半導体の中で光がいかに吸収されるかを理解する。そのために半導体の
    分光透過率を測定し、これをもとに吸収係数と光のエネルギーの関係を求める。
    半導体の種類(直接遷移型、間接遷移型)により吸収の生じ方が異なるのはバンド構造の
    相違を反映した結果であることを確認する。
    次に、発光ダイオードの発光原理を学び、半導体における光過程全般について理解する。
    2.実験方法(1)分光透過率の測定
    直接遷移型半導体GaAsと間接遷移型半導体GaPの分光透過率を分光光度計で測定する。
    (2)半導体試料の薄さtと反射率Rを調べ、次式を用いて吸収係数αの波長依存性を計算する。
    (3)吸収係数αを光のエネルギーhv [eV]の関数としてプロットしていく。
    このとき、直接遷移型半導体の場合には、縦軸に 、横軸にhvをとり、直線が横軸をきる点より、エネルギーギャップEgを求める。
    間接遷移型半導体の場合は、縦軸を、横軸をhνにとって、の延長線が横軸を切る位置からの値を、また、の直線が横軸を切る位置からの値をそれぞれ読み取る。これらの値を平均することにより、エネルギーギャップEgを算出する。
    (4)発..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。