B-11 生物物理実験

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数208
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    理系理工学

    代表キーワード

    理系理工学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目的
    生物学的に興味のある現象について、その現象にかかわる化学物質の構造や電子状態などを量子化学計算を用いて予測し、その現象の発生機構やその状態のおける分子状態について考察する。
    概要
    近年、コンピューターの高速化及び高性能化に伴い、量子化学計算は科学分野のみならず、さまざまな科学分野でも利用されている。特に生物学で取り扱う化合物はたんぱく質をはじめ巨大分子が多く、コンピューターの進化は巨大分子についての理論的考察とその性質や機能予測を可能にしてきた。特に創薬の分野では重要な役割を担っている一方、生物の遺伝情報を担う遺伝子にはアデニン・チミン・グアニンシトシンからなる塩基対より構成され、これらはたんぱく質と比べると小さい分子でありながら果たす役割は極めて重要であり、その性質はとても興味深いものがある。
    寄って本実験では、たんぱく質や遺伝子、あるいは生物学的に興味のある現象について、その現象にかかわる化学物質の構造や電子状態などを量子化学計算により予測し、現象の理解を深めるとともに、分子モデリングや物性予測といったコンピューター化学の分野を体験してみる。
    実験
    アミノ酸の紫外可視吸収スペ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。