P5 金属顕微鏡

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数86
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    金属顕微鏡

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1 気象データ
    天候 晴れ
    気温 20℃
    湿度 37%
    気圧 1016.8hPa
    目的
     固体の表面を研磨、エッチング(腐食)処理して顕微鏡で観察するとその結晶組織の状態や、それまで固体がどんな環境におかれ、どのような処分を受けてきたのかの経歴をかなり詳しく知ることができる。
    本実験では、このような表面を観察するための手順を実際に体験するとともに、観察結果をどのように解釈するかを考える。また、このような観察のための装置である金属顕微鏡の扱い方をも学ぶ。
    実験器具
     サンドペーパー(400番、1500番)、金属顕微鏡、回転研磨機(アルミナ研磨用、水研磨用)、アルミナ溶液、研磨板(ガラス板2枚)、バット(2枚)、エッチング用薬品(硝酸 メタノール)、純水、
    シャーレ、メスシリンダー
    実験方法
    (1)研磨(表面を洗浄・平滑にする)
    ⅰ)荒研磨(試料表面についている大きな傷を除く)
    傷の深さに応じて、適当な粒度のサンドペーパーを選び、順次粒度の細かいものと交換して研磨する。必ず粗い研磨から、細かい研磨へと移るようにする。また、研磨する方向は一段階毎に一方向に限定する。その後適当な段階で直角に研..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。