P3 真空技術

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数146
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    真空技術

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1 気象データ
    天候 晴れ
    気温 27 ℃
    湿度 38 %
    気圧 1023.0 hPa
    目的
    真空技術は、基礎物理学の研究から各種の工業分野まで、応用範囲の非常に広い重要な基礎技術である。本実験では、真空配管のコンダクタンス(気体の流れやすさに対応する量)の圧力依存性を求めることを目的とし、その過程で真空に関する基礎的な概念、標準的な真空排気装置の操作並びに圧力測定の方法を学ぶ。
    実験器具及び定格
    真空計(ピラニー、ペニング)、 真空槽、 油拡散ポンプ、 油回転ポンプ
    実験方法
     排気時間に対する圧力 、 の値を記録した。また圧力はPa表示からTorr表示に変換しておく。
     実験室のコンピューターでコンダクタンスの概算ができるプログラムに(1)で記録した値を入力し、コンダクタンスの圧力による変化のグラフを出力させる。
     コンダクタンスに関する基本式は、
       
     であり、図1の2つの曲線のそれぞれ最後に計測した値が到達圧力なので =0.06(Torr)、 =3.90 (Torr)、変化率は = であり、 は今回与えられているので、
       
     となる。これに実験で測定した値を代入して..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。