C7 溶質の吸着

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数218
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    溶質の吸着

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1 気象データ
    天候 雨
    気温 23 ℃
    湿度 67 %
    気圧 1004.2 hPa
    目的
    溶液中における溶質の固体への吸着現象を理解するため、酢酸‐活性炭系について吸着式を求める。
    試薬および実験器具
    活性炭、マグネチックスターラー、50 ビュレット、10 ホールピペット、20 ホールピペット、
    25 ホールピペット、50 ホールピペット、100 三角フラスコ 6個、
    300 コニカルビーカー 6個、250 メスフラスコ
    0.5 ‐酢酸水溶液  :酸(脂肪酸)の一種で刺激臭と酸味をもつ無色の液体。
    0.1 ‐ 標準溶液 :無色透明の液体で強塩基性をもつ。
    フェノールフタレイン溶液  :指示薬、液体がアルカリ性になると無色から赤紫色に変色する。
    実験方法
    1、吸着実験・その1
     0.5 ‐酢酸水溶液50 をホールピペットを用いてコニカルビーカーに採り、水50 を加えよく攪拌する。
     (1)で調製した1/2酢酸水溶液50 をホールピペットを用いてコニカルビーカーに採り、水50 を加えよく攪拌し1/4酢酸水溶液を調製する。
     上と同様の手順で1/8、1/16、1/32酢酸水溶液を調製する。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。