1番 定性分析

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数856
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    定性分析

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)目的
     陽イオン( )を含む溶液について系統分析を行い、次にヒーター線の成分分析を行う。この実験により、金属元素の性質や無機反応に対する理解を深める。
    (2)実験に使用したもの及び方法
     (2‐1)使用器具
     セミミクロセット(試験管 12本、ガラス棒、ろ過管 2本、蒸発管 2本、1 駒込ピペット、試験
     管ばさみ、加圧バルブ、試験管立て、ビーカー等)、 ろ過綿、 バーナー、 三脚、 耐熱板
     (2‐2)使用薬品及び物質
     陽イオン定析溶液( を含む)
     6 、 6 、 6 、 6 、 15 アンモニ
     ア水、 3%過酸化水素水、 飽和 、 0.1 、 1%ジメチルグリオキシム
     アルコール溶液、 1%フェノールフタレインアルコール溶液、 1% 、 1%酢酸鉛、 
    各種ヒーター線( 3)
     (2‐3)実験方法
     陽イオンの定性分析Ⅱ
    分析溶液15滴を試験管に取り、1滴の飽和 と3滴の15 アンモニア水を加えた。暗褐色の沈殿が生成したら、この試験管を沸騰している湯浴中でときどき振り混ぜながら約5分間加温した。この液を冷却後、試験管を受けにして沈殿をろ過した。試験管の内壁に付着した暗..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。