ニュートンリング

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数569
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    化学物理

    代表キーワード

    化学物理ニュートンリング

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目的
     平凸レンズを平面ガラス板上にのせると、接触した付近にレンズとガラスで挟まれた空気の薄い層が出来る。ガラス面に垂直に当った光は、この薄い層の両側で反射され、それぞれ光線間の位相差による干渉によりリング状の干渉じまを生じる。これをニュートンリングという。
    原理
     曲率半径Rの大きい、平凸レンズを平行版板ガラス上にのせる。これに波長λの単色光を垂直に入射させたい時のレンズ下面からの反射光と下のガラス面からの反射光との干渉条件を求めてみる。空気層ABは、極めて薄いと考えられるから入射光もほぼ平行とみなしうる。ここで、レンズとガラスの接点Oから、ガラス面上rの距離にあるB点におけるガラス面とレンズ面との垂直距離dを求める。
    レンズの下面Aで反転して上に戻る光と、Bまできて反射して上へ戻る光の光路差は2d(= )であるが、Bでの反射の際の波の移送の逆転を考慮すると、全光路差は2d/+λ/2となる。この値がλ/2の奇数倍の時、反射光は互いに打ち消し暗くなる。偶数倍の時、互いを強め合い明るくなる。
     ニュートンリングの暗輪に番号をつけ、m番目のそれの半径を とすると、 とλの関係は、     ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。