東京都教員採用試験対策論文「優しさと厳しさ」

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,652
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    課題:教師に求められる「優しさ」と「厳しさ」についてあなたはどう考え、実践していくか述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題:教師に求められる「優しさ」と「厳しさ」についてあなたはどう考え、実践していくか述べよ。
    ① 人は誰でも優しさと厳しさを持っている。私は、優しさも厳しさも、相手のことを考えて示されるものであり、その本質は、どちらも変わらないものであると考えている。教師は、この優しさと厳しさのバランスが取れていなければならないと考える
    教師にとっての優しさとは、生徒を受け入れ、個々の良さを伸ばしてやることであると考えている。厳しさとは、生徒との間で取り決めたことは必ず守らせ、守らなかったことに対しては、毅然とした態度で臨むことである。
    このような、表裏一体の態度を適確に使い分けるためには、生徒一人一人の特徴を把握している必要がある。生徒の長所や短所は何か。生徒は何に関心を示しているのか。など、さまざまな情報を、ノートのまとめるなどして、いつでも確認できるようにしておきたい。私は、社会科の教師として、この二つの態度を使い分けるために取り組みたいことがある。
    ② 一つ目は、ノートに「質問スペース」を設け、疑問点を書かせる。その疑問点に対しては、個別に対応して解決を図っていく。生徒の中には、言葉で伝えるの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。