東京都教員採用試験対策論文「生徒指導A」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数281
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    課題 学校活動全般を通して、どのような中学生を育てていきたいか。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    課題 学校活動全般を通して、どのような中学生を育てていきたいか。
    私は、学校活動全般を通じて、次のような生徒を育てたいと考えている。
    一つ目に、基本的な生活習慣が、当たり前にできるように育てたい。
    現在の学校教育に欠けている点に、子供たちのしつけの面がある。その一番の基本は、やはりあいさつだと私は考える。「おはようございます」「さようなら」「ありがとうございます」といった基本的なあいさつが、しっかり指導されている学校は、教師と子どもの関係も意思の疎通が見られ、雰囲気の良い学級経営・学校経営がなされている。
    学校生活の一日は「朝の会」から始まる。つまり、一日の学習が「おはようございます」のあいさつから始まるわけである。このあいさつが、小声でしかできなかったり、心のこもらない無感動な声でしかできなかったりする子どもは、他人との対話もうまくいかず、周囲から孤立しがちになりやすいので、注意しなければならない。「いじめ」の発生などとも関連するので、早急な対処と粘り強い指導が必要とされる。
    指導にあたっては学級全体と個人指導の両面からの教育がひつようである。まず学級での指導は、「おはようございます..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。