地方分権と社会教育行政が果たすべき役割

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数333
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    地方分権とは、国に集中している権限や財源を県や市町村に移し、住民の皆さんと自治体が協力して、地域のことは地域で決められるようにすることです。
     戦後の日本においては、近代化をすすめて、先進諸国への仲間入りを実現するために、権限・財源を国に集中し、その目標に適合するように地方自治体をコントロールする「中央主権型」の行政システムが効果的に働きました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地方分権と社会教育行政が果たすべき役割
    地方分権とは、国に集中している権限や財源を県や市町村に移し、住民の皆さんと自治体が協力して、地域のことは地域で決められるようにすることです。  戦後の日本においては、近代化をすすめて、先進諸国への仲間入りを実現するために、権限・財源を国に集中し、その目標に適合するように地方自治体をコントロールする「中央主権型」の行政システムが効果的に働きました。
    しかし、一定の経済的な成功を遂げた現代では、住民ニーズの多様化・高度化を踏まえた個性豊かな地域づくりや高齢・少子化社会への対応など、日本は新たな課題に直面しています。そして、こうした課題に対しては、何よりも画一性や効率性を重視する「中央集権」型の行政システムでは対応が困難になっています。  国からのトップダウンによる「中央集権」型の行政システムを、住民・地域からボトムアップしていく行政システムに転換する。そのために「地方分権」が求められています。  地方分権の長所は、住民の意見や地域の実情を反映しながら、より細かな政策を進めていくことが可能になる点にあります。  とはいえ、地方分権とは、その条件、土台を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。