教育情報の開示について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数139
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    教育の現場で、調査書を始めとした生徒(以下学校の子供は生徒と総称)情報の開示が強く叫ばれるようになったのは1990年代の初頭である。それは調度、神奈川県川崎市で日本初の「市民オンブズマン制度」が導入された年で、市役所など行政機関の情報開示問題が活発化していた時期でもある。当時の教育現場では、生徒の教育情報は学校の管理下に措かれるために、原則として公開しないことになっていた。しかし、学校での評価を知りたいという家庭側の強い要求が行政を動かし、現在では学校側も生徒の教育情報開示を認める方向に向かっている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「教育情報の開示」について
     教育の現場で、調査書を始めとした生徒(以下学校の子供は生徒と総称)情報の開示が強く叫ばれるようになったのは1990年代の初頭である。それは調度、神奈川県川崎市で日本初の「市民オンブズマン制度」が導入された年で、市役所など行政機関の情報開示問題が活発化していた時期でもある。当時の教育現場では、生徒の教育情報は学校の管理下に措かれるために、原則として公開しないことになっていた。しかし、学校での評価を知りたいという家庭側の強い要求が行政を動かし、現在では学校側も生徒の教育情報開示を認める方向に向かっている。これは、「親及び生徒自身も知ることのできない学校における生徒評価..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。