心房粗動・心房細動

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数464
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    電気リスク流通治療概念心拍数原因血圧予防株式

    代表キーワード

    心房粗動

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心房粗動・心房細動
    目次
    疾患概念                               3
    誘因・原因                              3
    病態                                 3
    症状・臨床所見                            4
    検査・診断・分類                           4
    治療                                 5
    疾患概念
     心房粗動は心房の規則的な電気的興奮で、興奮頻度は250~400回/分と心房頻拍よりも速く、多くは心房内の三尖弁のまわりのリエントリー(興奮旋回)を機序とする。
     心房細動は、心房の統一性のない不規則で連続的な電気的興奮である。興奮の結果、心房全体が正常に収縮しなくなる。
    誘因・原因
    原因疾患は心房粗動と心房細動ともに同じ。
    弁膜症(僧帽弁狭窄、僧帽弁閉鎖不全)
    高血圧
    甲状腺機能亢進
    虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)
    心筋症
    健常者に心房粗動が生じることはほとんどないが、心房細動は健常者にも発症する。
    心房細動の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。