胃ポリープ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数333
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    問題がん組織リスク看護治療分類原因方法感染

    代表キーワード

    胃ポリープ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    胃ポリープ
    目次
    胃ポリープとは                          3
    誘因・原因                            3
    症状・臨床所見                          3
    検査・診断・分類                         3
    治療                               4
    内視鏡的粘膜切除術                        5
    胃ポリープとは
     胃粘膜上皮の限局性増殖により胃内腔に突出した良性の隆起性疾患である。幽門前庭部に好発する。自覚症状や臨床症状はほとんどないが、まれにポリープに伴う慢性胃炎の症状(食欲不振、心窩部痛など)や出血による鉄欠乏性貧血を起こすことがある。
    誘因・原因
     過形成性ポリープ、胃腺腫はヘリコバクターピロリの感染が原因と言われている。長期にヘリコバクターピロリが感染し、慢性萎縮性胃炎を呈した胃粘膜から発生する。
     胃底腺ポリープは、逆にヘリコバクターピロリ感染のない非萎縮粘膜から発生する。
    症状・臨床所見
     基本的には無症状、検診で発見されることが多い。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。