乳児期

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数345
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    乳児期
    目次
    形態的特徴                                      3
    身体生理の特徴 3
    感覚機能 3
    運動機能 4
    知的機能 5
    コミュニケーション機能 6
    情緒・社会的機能 6
    乳児の養育および看護 7
    引用・参考文献 9
    生後1年未満の時期で、著しい成長・発達を遂げる時期である。子どもは母親、あるいは家族と情緒的な絆を結ぶことで、人との信頼関係を形成する基盤を築いていく。
    形態的特徴
    体重・身長・頭囲・胸囲
    乳児期は新生時期の生理的体重減少から回復したあと、目覚しい身体発育を遂げる。
    月齢
    体重
    身長
    頭囲
    胸囲
    出生時
    男児:3000g
    女児:2950g
    男児:49.0cm
    女児:48.5cm
    男児:33.5cm
    女児:33.0cm
    男児:32.0cm
    女児:31.8cm
    3~4か月
    約6000g
    (出生時の2倍)
    12か月
    約9000g
    (出生時の3倍)
    男児:75.4cm
    女児:73.8cm
    (出生時の1.5倍)
    男児:46.2cm
    女児:45.0cm
    大泉門
    大泉門は初めの数か月は増大するが、その後は縮小して1歳半までに閉鎖する。大泉門は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。