新生児期

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数19
閲覧数4,766
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境子ども発達呼吸運動時間評価障害能力組織

    代表キーワード

    看護新生児期

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    新生児期
    目次
    形態的特徴                                     3
    身体生理の特徴(新生児の適応) 3
    感覚機能                                      8
    運動機能                                      9
    知的機能 10
    新生児の養育および看護 10
    引用・参考文献                                     19
     新生児期(生後4週未満)は、子宮内の生活から外界に適応していくことが出来るようになるための重要な時期であり、様々な変化がみられる。
    形態的特徴
    出生時の成熟度
     新生児の成熟度は、皮膚・乳房・足底・耳・外性器などの観察で評価できる。成熟度の評価方法には、デュボヴィッツ法などがある。デュボヴィッツ法では、神経学的所見による評価点と、外表所見による評価点を足した合計点(x)から、在胎週数(Y)をY=0.2642x+24.595で計算する。この評価方法は、生後12~48時間以内に行う。
    出生後の発育
     新生児の発育は出生児体重基準線、出生児身..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。