体外循環法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数214
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    回路循環組織目的心臓乳児

    代表キーワード

    看護体外循環法

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    体外循環法
    体外循環
     心臓内の修復を行うためには、心臓と肺の機能を一時停止される必要があるが、その間全身の循環を保つために体外循環が用いられる。体外循環は全身から心臓に還流してくる静脈血を人工肺に導き(脱血)、人工肺で炭酸ガスを除去し酸素化を行い、ポンプを用いて動脈側へ送り込む(送血)ことが基本的な働きである。
     体外循環を行うためには、人工心肺回路の準備が必要である。人工肺、熱交換器(人工肺に内臓:送り込む血液を冷却または加温して送血温を調節する)、血液ポンプ、貯血槽、送血および脱血回路を組み立て、その中を成人や年長児ではリンゲル液あるいは希釈血液で、新生児・乳児では主に血液で満たして、充..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。