胆嚢炎・胆石症

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数673
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    胆嚢炎・胆石症
    目次
    胆石とは
    原因
    病態生理
    成分による分類
    症状
    合併症
    検査
    治療
    疫学・予後
    胆道の手術を受ける患者の看護
    胆石とは
    胆石がどのように形成されるかは、いろいろな議論があるが、胆汁鬱滞、炎症、代謝障害が加わって起こるものと考えられる。胆石はビリルビン系結石と、コレステリン系結石に大別される。胆石の主な発生部位は胆嚢が最も多く、次いで胆管、肝内の順になっている。
    肝管、胆管、胆嚢には、胆汁の成分から時々石が作られ(胆石)、この石を排泄しようとして胆道に蠕動運動が起こると、激しい痛みが現れる(胆石疝痛発作)。胆道が炎症を起こして胆石ができると、胆汁の排泄が阻害されて黄疸が現れる。胆石の中で淡黄色のものはコレステロール石、暗褐色のものはビリルビンと石灰からなるが、多くは混合結石である。
    原因
    胆道内において胆汁成分により作られる(コレステロール系、ビリルビン系、脂肪酸、カルシウムなどが主成分)。
    成因
    胆汁成分の異常
    胆汁のうっ血
    胆道の炎症
    誘因
    脂肪分の多い食事
    過労
    経口避妊薬の使用
    女性ホルモンの減少
    病態生理
    総胆管結石と称する場合は、解剖学的に総胆管結石に胆..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。