化学療法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数302
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    化学療法
    目次
    化学療法(がん薬物療法)の目的と支持療法                     3
    抗悪性腫瘍薬の種類と特徴 4
    副作用対策 5
    服薬指導のポイント 6
    引用・参考文献 6
    化学療法(がん薬物療法)の目的と支持療法
    がんにおける三大治療
    外科的治療(手術)
               局所療法
    放射線治療
    化学療法     →→全身療法
    目的
    進行・再発がんに対する化学療法
    根治を望める造血期腫瘍や一部のがん腫を除いて、一般には延命や症状緩和が主目的となる。そのため、高い奏功率のみならず、副作用の軽微なレジメンがよく用いられる。
    術後補助化学療法
    局所療法(手術、放射線療法)終了後に再発予防目的で行われる。一部のがん腫においては認容性の高い経口抗がん剤による術後補助化学療法の有用性が認められている。
    術前補助化学療法
     局所療法(手術、放射線療法)施行前にダウンステージング目的で行われる。奏功率の高いレジメンがよく用いられる。
    化学放射線療法
    5-FUやシスプラチン(CDDP)など、放射線増感作用のある抗がん剤を併用して行う治療。食道がんや頭頸部がんなどにおいて用いられる。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。