母性看護概論試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数190
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経済小学校少子化女性学校健康医療児童結婚

    代表キーワード

    経済

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    母性看護概論試験対策
    合計特殊出生率は、15歳から49歳までの女子の年齢別出生率を合計したものである。少子化により、近年減少が目立ち平成20年は1.37である。合計特殊出生率が2.1以上であれば、将来の人口の増加が期待できる。
    周産期死亡とは、妊娠満22週以後の死産と、生後1週未満の早期新生児死亡を合わせたものをいう。周産期死亡率は、戦後高率であったが、徐々に減少し続け今日では、諸外国と比較しても低率となっている。
    乳児死亡とは、生後1年未満の死亡をいう。乳児死亡の原因の第1位は先天奇形、変形および染色体異常である。
    人工死産の統計には、人工妊娠中絶のうち妊娠満12週以降のものが含まれる。人工妊娠中絶は満12週未満のものが大多数を占めている。人工妊娠中絶が実施できる時期の基準は、妊娠満22週未満である。
    ヘルスプロモーションの活動方法
    ・個人のライフスタイルの改善
    ・地域活動の強化
    ・健康を支援する環境づくり
    ・健康的な公共政策づくり
    女性のエンパワーメント
    女性が自ら意識と能力を高め自身やその生活について自己決定する能力を養うこと。さらに個人のみでなく女性が連携して政治・経済・社会的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。