老年看護試験対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数394
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    老年看護

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    老年看護試験対策
      WHOの定義では65歳以上を老年期という。
      わが国での国政調査の老年人口対象者は65歳以上である。
      日本の人口ピラミッドをみると、昔はごく少数であった高齢者が2006(平成18)
     年には人口の20.8%までになり、その分布がつり鐘型からピラミッド型に移行している。
      高齢人口の比率が7%を超えると高齢化社会という。
      高齢者人口の比率が14%を超えると高齢社会という。
      一般的には、15歳未満を年少人口、65歳以上の人口を老年人口という。
      老年後期とは75歳以上をいう。
      高齢化のスピードは、先進国の中では日本が最も高い。
      入院受療率のうち最も高いのは循環器系である。
    外来受療率で循環器系、筋骨格系および結合組織の疾患(関節症、骨粗鬆症)が目立
    つのが特徴である。
    老年後期になると病気にかかる割合が高くなる。それは老年後期お人口率が高くなる
    ことによって、寝たきり高齢者や認知症高齢者など、介護が必要な高齢者が非常に増加している。
    わが国の高齢者介護は家族への依存度が高い。主介護者の75%が女性で年齢的にも
    50歳以上が圧倒的に多い。核家族..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。