病理学テスト対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数223
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    病理学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    病理学テスト対策
    遺伝子に組み込まれた遺伝子暗号の違いを遺伝子多型とよんでいる。
    障害を受けた細胞に現れるさまざまな変化を変性と総称しており、まだ可逆的な変化である。
    アポトーシスは細胞が自らその命を絶つ能動的な細胞死である。
    多分化能と自己複製能を併せ持つ細胞を幹細胞という。
    京都大学の山中伸弥教授らが世界で初めて作成に成功した細胞はiPS細胞とよばれる。
    全身性浮腫には右心不全による心原性浮腫と、急性腎炎などによる腎性浮腫とがある。
    サイトカインの中で白血球に対し走化性を示すものはケモカインとよばれる。
    肉芽性炎症を引き起こす代表的な病気は結核である。
    T細胞は胸腺由来である。
    抗体は、基本的には2本の重鎖H鎖と2本の軽鎖L鎖が集合した分子構造を示す。
    自己免疫性溶血性貧血や血小板減少性紫斑病はⅡ型アレルギーであり、重症無力症やグレーブス(バセドウ)病はⅤ型の機序によって発症する。
    糖尿病による眼の障害では網膜に毛細血管瘤や血管新生が生じ、出血する。
    糖尿病による腎臓の障害では糸球体の基底膜の肥厚やメサンギウム基質の増加が起こる。
    アミロイドーシスをきたしやすい疾患に多発性骨髄腫と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。