人体Ⅱテスト対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数72
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    人体

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人体Ⅱテスト対策
    赤血球の寿命は約120日である。
    腎臓で産生されるエリスロポエチンは赤血球の造血を促進する。
    単球は組織に出るとマクロファージになる。
    リンパ球のB細胞は抗体(免疫グロブリン)を産生する。
    トロンビンによってフィブリノーゲンがフィブリンになる。
    健常者でも食後は血糖が150~170g/dlになる。
    血液のpHは7.4±0.05である。
    ABO式の血液型が一致しても不適合輸血が起こることがある。
    出血性ショックで副腎髄質ホルモン(カテコールアミン)の分泌が亢進する。
    重症感染症で副腎皮質ホルモン(コルチゾール)の分泌が亢進する。
    夜眠っている時もインスリンは分泌される。
    カルシウム摂取が不足するとパラソルモン(PTH)の分泌が亢進する。
    排卵後は黄体形成ホルモン(LH)の分泌が増加する。
    甲状腺の大部分が摘出された場合、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌が増加する。
    多量のプレドニン(副腎皮質ホルモン製剤)を服用すると副腎皮質ホルモン(ACTH)の分泌が抑制される。
    脱水でバソプレッシン(ADH)の分泌が増加する。
    冠状動脈は大動脈弁の直上から2本出ている。
    大心静脈は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。