小児看護試験対策3

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数316
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    小児看護

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小児看護試験対策3
    乳児死亡とは、生後1年未満をいう
    新生児死亡とは、生後4週未満をいう
    生理的新生児黄疸は、生後2~3日頃より出現する
    ・新生児の皮膚は生後3日頃から表皮が剥脱する
    アプガースコア5項目は出生時の呼吸、心拍数、反射、筋緊張、皮膚の色である
    新生児仮死判定は5項目・3段階評価・児体分娩後1分である
    アプガースコアが10に近いほど予後良く、3点以下のものは重症仮死である
    生理的体重減少について
       ・出生体重の6~8%減少
       ・6~8日目に旧値に復する
    ・乳児の体重の増加量は、月齢が小さい時期ほど大きい
    ・新生児の体重は3~4日まで減少する
    ・出生時の男児の平均体重は、女児より重い
    ・乳児の体重は、1年後出生時の約3倍になる
    ・初乳には、免疫グロブリンA、胎盤には、免疫グロブリンG
    ・出生時の頭囲は、胸囲よりも大きい
    沐浴時の湯の温度は夏37~38℃である
    ・乳児の1回の沐浴時間は、5分程度を目安とするは
    小児期における定期予防接種の対象疾患一類疾病勧奨接種
    ジフテリア・百日咳・破傷風の3種混合、ポリオ、麻疹・風疹の混合、日本脳炎である
    大泉門は、1年6か月~2年頃..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。