成人疾患Ⅲテスト対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数210
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    テスト試験看護

    代表キーワード

    看護成人疾患

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    成人疾患Ⅲ試験対策
    消化器疾患
    食道静脈瘤は、肝硬変で、肝臓に向かう門脈血が繊維化により肝臓へ流入しにくくなり、食道粘膜下の静脈を通じて、大動脈へ流れ込む側副血行路である
    胃潰瘍は、ヘリコバクター・ピロリ菌感染が発生する
    十二指腸潰瘍は、空腹時、夜間の痛みが見られ、食後軽減する
    潰瘍性大腸炎は、注腸造影で結腸膨起が消失した鉛管状陰影が見られ、大腸内視鏡では潰瘍を認め、大腸粘膜の生検で診断が確定する
    クローン病は、生検で非乾酪性肉芽腫を認め、繊維化した後に狭窄したり、瘻孔を形成する傾向がある
    C型慢性肝炎は、肝硬変の合併症を防ぐ意味から、可能な限りインターフェロンを基本とする抗ウイルス療法が必要である
    肝硬変は、慢性肝炎が継続した結果、肝細胞が壊死に陥り、肝小葉の周囲を繊維が取り囲むようになる病変である
    胆管細胞癌は、肝門部に発生した場合は胆管を閉塞するため、比較的早期から黄疸が出現する
    総胆管結石が肝機能異常や胆道感染を伴う場合は、開腹や内視鏡による結石除去が行われる
    急性胆嚢炎は、右季肋部痛、発熱、黄疸がみられる
    胆嚢癌は、胆嚢結石の合併率が高い
    急性膵炎は、膵酵素による膵臓の自己消..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。