成人疾患Ⅰテスト対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数491
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    テスト試験看護

    代表キーワード

    看護成人疾患

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    骨・関節・筋疾患患者の看護
    関節が動かなくなったときに最良の機能を発揮する肢位を良肢位という。
    骨・軟骨の病変によって関節運動が制限されるものを強直という。
    筋・腱・靭帯・皮膚などの病変によって関節運動が制限された状態を拘縮という。
    尖足は、足関節が底屈位で拘縮あるいは強直したために他動的にも背屈できないものをいう。
    歩き方の障害、すなわち異常歩行を跛行という。
    MRI…一定の強力な磁場内に被写体を置き、これに空間的勾配をもった第2の磁場を加えることにより発生する共鳴信号を処理して画像にする方法で放射線被爆がないが、骨は描出されない。
    麻痺などによって低下した筋力の程度を知るため徒手筋力テスト(MMT)を行う。これは測定する筋が支配している関節を自動的に動かすように働きかけ、そのときの筋力を正常の値5から完全に消失した値0までの6段階で評価する。
    水硬性プラスチックキャストは冷水を用いるが、石膏ギプス包帯を使用するときは、30℃程度の微温湯に静かに浸して、ギプス粉末が流れ出ないように注意しながら軽く絞って用いる。
    石膏ギプス包帯は湿っているうちに動かすと破損しやすいので、よく乾燥させる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。