看護と倫理(白黒)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数14
閲覧数2,251
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    テスト試験看護

    代表キーワード

    看護と倫理

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    看護と倫理
    職業倫理とは・・・その仕事をする人にあたって必要な人としての道
    特に現在は・・・
     1.人工呼吸などによる延命操作
    2.臓器移植
    3.体外受精
     4.遺伝子操作
        医療者とそれを受ける側(患者)の間に、意思の疎通が大切になってくる。
    患者の意思(決定権)を尊重したかかわり方が重要で、十分な意思の疎通が必要になってくる。
    このかかわり方のあるべき状態を規定するのが「倫理」である。
    1章 社会の成り立ちと倫理
    <人間関係のルールとしての倫理>
    どういう人間関係があるのか?
     親子関係
    兄弟の関係        
    祖父母の関係       
    夫婦関係         
    クラスメンバーとの関係  
    教員との関係       
    地域との関係・・・etc
    こういう関係の中で、私たちは生活している。
       社会関係の中の個人
    社会とは、家族、自分が住む地区・学校・企業・国家のいずれも関係が成立するものが社会である。
    この社会の中で最も基本的な関係は、人と人との間に成り立つ関係である。
    こういう様に、人との関係を通じて、社会の中で生きていくために必要な言葉ものの考え方、価値観、慣習な..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。