経営の基礎

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数192
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テイラーの科学的管理法
    【1】科学的管理法が考え出された背景
    20世紀初頭の経営や労使関係は問題を抱えていた。当時は労働者の生産高に応じて賃金を支払う出来高給制を採っていたがこの出来高給制では労働者は全力で作業をしようとせず適当に怠けながら働いていた。テイラーはこの現状を知り、怠業の原因は誰もが持っている怠け心による自然な怠業とは別に、労働者が怠けざるを得ない組織的怠業があると考えた。単純出来高給制度の下で労働者があまり多くの収入を上げると雇用者はその賃金率の切り下げを行った。そのため一定の収入額を超えると、賃金率が切り下げられることを経験した労働者は、あまり仕事を効率よく進めても意味がないこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。