大津宮

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数123
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本背景住居

    代表キーワード

    大津宮住居

    資料紹介

    近江大津宮

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    近江京について
    近江京は近江大津宮ともよばれ天智天皇の時代7世紀の都である
    近江大津京は琵琶湖に面しており、陸上・湖上に東山道や北陸道の諸国へ向かう交通路が通じており、西方へも交通の便が良い場所である、とする説がある。外国軍(中国大陸及び朝鮮半島の諸国を指す)が瀬戸内海を東上して畿内へ上陸した場合、最も逃げやすい土地が大津ということであろう。
    遷都の背景
    遷都の背景には朝鮮半島との関係が深く影響している。
    六六〇年、日本の同盟国である百済が新羅と唐に攻められて滅んだ。中大兄皇子(後の天智天皇)は、百済復興を強力に支援しようと、朝鮮半島へ出兵した。
    しかし、六六三年の白村江の戦いにおいて倭・百..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。