英文法(第2設題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数111
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    英文法

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    条件文句に用いられたwere to叙想法と叙想法未来(叙想法代用のshould+原形不定詞)とを比較考察しなさい。
     Were to叙想法と叙想法未来についての比較考察であるが、まずは条件文句とは何かということについて考えてみたい。条件文句は、条件の副詞文句(Adverb Clause of Condition)といい、接続詞のifや、unless、郡接続詞on condition(that)、in case(that)、suppose(that)、provided(that)、granted(that)、など、口語ではso onlyやso that、so long asなどに導かれる文句である。
    If you are tied, we will sit down.
    「君が疲れたのなら、座ろうよ」
    I shall not go unless I hear from you.
    「あなたから便りがなければ私は行きません。」
    Suppose he comes back, what are we to do?
    「もし彼が帰ってくるとしたら、私たちはどうしたらいいのだろう。」
    You won’t..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。