米文学史(第1設題)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数123
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ。
     アメリカの文学は移民とともにイギリスの支流として大陸に移ってきた。そこでは実生活においても文学においても清教徒が大きな影響力を持っていたが、次第にアメリカもイギリスからの独立に向けて動き出した。1783年に独立が認められ、1787年には合衆国憲法も制定された。エドガー・アラン・ポーはそのような時代に生まれた文学者である。ポーに関しては様々な伝説的な逸話があるが、彼は何よりもまず詩人であった。彼は自らの詩論の中で「詩は真理ではなくて愉快をその直接の目的としている点で、科学の著作とは対立している。そしてまた明確な愉快を目的とせず、漠たる愉快を目的としている点で、ロマンスとも対立している。こうした目的が達成される限りにおいて、詩が詩でありうるのだ。」と述べている。詩は教訓を述べるものではなく、人間の心の中にある、天上の美に対する憧れを満足させるものである、と説いている。また彼は詩の長さについて、その長さは読者が一気に読める程度の長さでなければならない、としている。美に対する感動の緊張を持続するためには限度がある。長過ぎる詩はその感..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。