教育原論1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数83
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    発達経済社会子ども学校文化課題道徳地域

    代表キーワード

    教育原論社会

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ハヴィガーストの発達課題について述べよ
    人間には各発達段階に応じた、果たすべき課題があり、それを「発達課題」という。この考えはアメリカの教育学者ロバート・R・ハヴィガーストが自身の著書『人間の発達課題と教育』の中で述べている。彼は、「個人が学ばなければならないもろもろの課題、すなわち生涯の発達課題は、われわれの社会において健全な成長をもたらすものである。発達課題は、個人の生涯にめぐりいろいろの時期に生ずるもので、その課題をりっぱに成就すれば個人は幸福になり、その後の課題も成功するが、失敗すれば個人は不幸になり、社会で認められず、その後の課題の達成も困難になってくる。」と述べている。つまり、前の段階の発達課題がうまく達成されていけば、次の段階の発達も順調に進むが、前の段階の発達課題が達成されていなければ次の段階もうまくいかず、不幸な結果になる、ということである。ハヴィガーストが発達課題という考えが教育にとって有益となる理由として次の2点を挙げている。
    学校における教育目標を発見し、設定することを助けることができる。
    教育的努力をはらうべき時期を示すことができる。
    1に関して、教育とは、個..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。