レポート(英米文学概論)②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数196
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『アメリカにおけるピューリタン文学の特色を書きなさい』
    アメリカの国家成立において、ピューリタンはさまざまな形で貢献し、影響を与えた。アメリカ建国の歴史上、ピューリタンの勢力が強くなったり、弱くなったりした時期があったが、彼らは宗教的使命感を持ち、人々に呼びかけ、また自ら行動し、文学作品も残してきた。
    まず、ヴァージニアに北アメリカ大陸最初の植民地が建設された。ヴァージニアは1606年にロンドンで組織された南ヴァージニア商会が、国王より特許状を与えられ、植民を送り出したことからはじまった。最初に送り出されたのは船長クリストファー・ニューポートやジョン・スミスをはじめとする120人で、彼らは1607年にハムプトン・ロードに投錨し、上陸地点をジェイムズタウン・ヴァージニアと命名した。南部植民地においてはもちろん宗教的な目的もあったが、大部分の植民の目的は利益追求であった。最初、植民に土地所有が認められず、彼らに希望はなかったが、南ヴァージニア商会が規制を緩和したあと、私有財産が認められるようになった。それ以降、植民は煙草と小麦栽培を中心として農業植民地を作っていったが、軌道に乗せるのには非..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。