レポート(英米文学概論)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数287
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『18世紀においてイギリスが他国に先がけて小説を生み出したのは何故かをイギリスの歴史とそれが生み出す社会を考察しつつ述べよ。』
    イギリスにおいて、小説という文学が、他国に先駆けて発生した理由は、イギリス市民社会の成立と共に見ていくことが出来る。18世紀、イギリスは他国に先駆け、中産階級を中心とする市民社会が形成されていった。彼らが社会の中心となっていくにつれ、社会自体も中産階級市民の好みに合わせて変化していった。市民たちはまったく自由に表現された出版物を読むようになり、ここにエッセイやジャーナリズムの発生が起こり、文筆業という職業も現れてくる。従来の特権階級にしかわからない独善的な文学から、大衆と共にあろうとする文学への移行が実現していくのである。その先鞭をつけたのはデフォーの『ロビンソン・クルーソ』とスウィフトの『ガリヴァー旅行記』であり、共に17世紀以来のイギリス人の経験主義や合理主義が表れている。
    ではなぜそのようにギリスで、他国に先駆け、市民社会の変革がおきたのか。それにはイギリスの歴史と文化を見ていくことが必要である。
    まず、イギリスを形成していった自然環境・地理的環境を考え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。