脳梗塞

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数17
閲覧数747
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    脳梗塞

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    脳梗塞
    脳梗塞とは
     脳動脈が閉塞し、その領域の脳組織が虚血状態に陥って壊死する疾患。脳血流の低下により、脳実質が不可逆的な障害をきたした状態。
    壊死した脳領域をつかさどっていた機能が欠落し、局所的な神経症状を呈する。
    概念・定義
    神経細胞は虚血に弱い組織で、脳循環が完全に停止すると10秒以内に意識消失、20秒以内に脳組織の電気活性の消失、3~8分で神経細胞は死滅するといわれている。
    発生機序により血栓性、塞栓性、血性力学性に分けられる
    臨床病型として、アテローム血栓性、心原性脳塞栓症、ラクナ梗塞、その他に分けられる。
    原因
    脳血管閉塞の原因は、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病による動脈硬化性病変や、心房細動による心内血栓などである。
    臨床病型
    一過性脳虚血発作TIA…脳虚血による脳機能障害が出現し、24時間以内に改善するもの。放置すると脳梗塞に移行する事がある
    アテローム血栓性脳梗塞…径部や頭蓋内の主幹動脈に粥状硬化性病変(アテローム)が生じ、それを基盤としておこるもの
    ラクナ梗塞…脳内深部の穿通動脈が閉塞するもの。定義上15mm未満のもの
    心原性脳塞栓症…心房細動などの心疾..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。