大腿骨頚部骨折の患者の看護

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,264
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    骨折にもとづく大量出血や痛みのためショックをひきおこしやすい
    ●ショックを起こす事なく、痛みや気分不快を訴えることができる
    O-1.出血・腫張・知覚異常・皮膚色
    2.外傷の程度
    3.貧血の程度
    4.ショック前駆症状
    a.意識状態
    b.血圧低下・頻脈
    c.頭痛・嘔気
    T-1.患肢の固定
    2.輸液・輸血の管理
    3.疼痛の緩和
    a.医師の指示による鎮痛剤の使用
    4.保温
    E-1.患肢の安静の必要性
    下肢直達牽引による疼痛・不安がある
    ●牽引の必要性が充分理解でき、安心して牽引ができる
    Oー1・ピン刺入部痛・不快感の有無
    2・下肢痛の有無
    3・牽引状態;牽引方向・重錘・ブラウン架台の位置・患者の体

    4.牽引により神経障害・循環障害はないか
    a.しびれ感・知覚異常
    b.皮膚色・チアノ-ゼ・冷感の有無
    c.足趾・足関節の運動状態
    5.精神状態
    a.言動に注意・不安の訴えはないか
    b.睡眠状態
    T-1.ピン刺入部痛時には医師の指示により、鎮痛剤の使用
    2.下肢の筋肉痛に関しては、下肢のマッサ-ジ・湿布の貼用
    3.不適当な牽引の時は医師同伴にて肢位の調整・牽引物品の調
    整を行う
    4.患者を正しい体..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。