発達心理学1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数231
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.成人発達の理論(理論的アプローチ)
    2.早期成人期におけるアイデンティティの確立について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1 人はなぜ、加齢に伴い変化するのだろうか。心理学では、この問に対して数多くのアプローチがある。人か環境か、個人か社会集団か、行動か行動レパートリーの中にある意味か、重視する側面によって様々なアプローチがある。行動的あるいは社会的学習アプローチは、行動と行動変容の環境的決定因、特に、環境から得られる行動の最終的な結果に焦点を当てる。このアプローチは、情緒的なアタッチメントを形成した人の行動へのモデリングや模倣の役割により大きな重要性を認めている。
     現代の全体理論的個人中心アプローチは、個人は体系化された全体であり、全体として機能し発達するものと考えられる。一つひとつの説明変数に対する関心ではなく、発達に影響を及ぼす要因のパターンが強調されるのである。
     成人発達の心理学にかなり重要となってきたもう1つのアプローチは、個人差アプローチである。このアプローチは、知能テストやパーソナリティの質問紙のような、心理テストの使用に、最もよく代表されるものであり、記憶や知覚の議論の中でも重要になってきている。このアプローチは、知能の理論と共に、日常的コンビテンスの理論も含んでいる。
     発達のモデル..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。