精神保健1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数101
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    統合失調病の青年が経過良好で退院した。しかし、2ヶ月後に再入院となった。このような短期間での再入院となった理由として考えられること

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1 統合失調症は、現在では脳の中の、神経伝達物質の異常が原因と考えられているが、統合失調症の原因は今のところわかっていない。統合失調症にかかった親の子どもが必ずかかるというものではなく、統合失調症にかかった人の、約3分の2の人は回復したり軽度の障害を残したりするだけである。それには薬物による治療とリハビリテーションが大きな鍵を握るといわれていて、治療やリハビリテーションなど、療養は長期にわたる。
     また、統合失調症の患者にとって社会復帰の妨げになる事として、食事や金銭、服装などの日常生活の管理に対して自信がなく、人付き合いや挨拶、他人に対する配慮、気配りなど対人関係技能に自信がないと言うことが挙げられる。他にも、集中して物事を考えるのが苦手で、持続性がない。等が問題となっている。
     また、病態も前駆期、急性期、消耗期、回復期とサイクルがあることや、再発により機能が徐々に低下していき、回復が困難になりやすいこと。再発を繰り返すと陰性反応が増加し、陽性反応が持続するなど、病態なのか障害であるのかその区別が明確でないという特色がある。いずれにしろ、幻覚、妄想、思考障害などの症状(機能障害)に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。