佛教大学S0702教科教育法数学1_第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数433
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    基本的には教科書レベルの要約ですが、目標と評価の相互な関係を軸に論理がクリアになるよう記述しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    数学教育の目標と評価について述べ、それらを自分の視点で考察せよ。
    本レポートでは、はじめに数学教育の目標を述べ、次に数学教育の評価の目標、在り方について述べる。また数学教育の目標とその評価の目標について、相互な関係の重要性についても述べる。
    まず数学教育の目標について述べる。数学教育の目標について、次の3つの立場が考えられる。
    ①国が定める基準としての目標
    ②数学教育学研究の立場からの目標
    ③海外の教育との関係における目標
    まず「①国が定める基準としての目標」について、代表的なものは学習指導要領が挙げられる。ここで高等学校学習指導要領の数学の目標は「数学における基本的な概念や原理、法則の理解を深め、事象を数学的に考察し処理する能力を高め、数学的活動を通して創造性の基礎を培うとともに、数学的な見方や考え方のよさを認識し、それらを積極的に活用する態度を育てる。 」(高等学校学習指導要領 第4節 数学 第1款 目標より)とある。上記は数学全体を通しての目標であり、個々の分野についてもそれぞれ目標が設定されている。「事象を数学的に考察し処理する」また「数学的な考え方のよさを認識」「活用する態度..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。