佛教大学 S0734教育実習研究 (高校数学)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数262
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『実習校で自分が担当する教科の題材について、50分間の授業の学習指導案を作成してください。』
    第1学年 数学科 学習指導案
    指導者 
    1.単元 2次関数とグラフ
    2.単元の目標
    ・2次関数に関心を持ち、2次関数に関する基本的な概念を形成すること。
    ・2次関数の値の変化を式、グラフを用いて多角的に考察できる。
    ・2次関数を用いて数量の変化を表すことの有用性を理解すること。
    3.単元について
    (1)教材観
    2次関数を用いて数量の変化を記述することは非常に有用である。たとえば物理現象における落体運動の落下距離は落下時間の2乗に比例する2次関数で表すことができる。このような現実の現象を表現できる単元は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。