科目修得試験用対策(学校経営と学校図書館Vol.2)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数705
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本大学通信教育部の司書教諭科目、学校経営と学校図書館に関する科目習得試験の解答例です。レポート作成にも重宝します。こちらの内容は、全10題のうちの6~10題目です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目修得試験対策 模範解答 「学校経営と学校図書館」Vol.2
    過去問を中心に(6)~(10)の各項目でまとめました。
    内容は以下の通りです。試験対策、レポート作成にお役立て下さい。
    (6)レファレンスサービスとは、どんなサービスか。また、児童生徒のために心得ていなければ 
       ならないことは、そんなことか。くわしく説明しなさい。
    (7)学校図書館の評価はなんのために、いつ、どのように行うべきか。具体的に述べなさい。
    (8)学校図書館運営委員会の役割、構成メンバーについてくわしく説明しなさい。
    (9)学校図書館には、どんなスペースがどれだけ必要か。学習したことを述べた後、自分の考え
       を加えなさい。
    (10)学校図書館の経営にはどのような運営組織が必要か。くわしく説明しなさい。
    ___________________________________________
    (6)レファレンスサービスとは、どんなサービスか。また、児童生徒のために心得ていなければならないことは、そんなことか。くわしく説明しなさい。
     レファレンスサービスとは、「何らかの情報(源)要求をもっている図書館利用者..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。