[日大通信] アメリカ文学史(分冊2の②)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数641
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アメリカ文学史 分冊2
     このリポートは、日本大学通信教育部の「アメリカ文学史」の中の設問②をまとめたものです。内容はLost Generationを中心について記述しており、関連するレポート作成にも参考になると思います。文字は凡そ2000文字を目安にまとめてあります。
     設問2:
    教材Chapter11 The Writers of the “Lost Generation”の概要をリポート前半でまとめ、そこで言及される作家たちの中から1人を取り上げ、その作家の作品を出来るだけ数多く(翻訳書を使用してよい)読み、作品感想をリポート後半で述べなさい。
     1920年代は、俗に「失われた世代(ロストジェネレーション)」といわれるが、この言葉が示すように、1919年に終わりを告げた第一次世界大戦後のアメリカは、多くの若者達が理想を失っていた。この時代に活躍した作家の共通点は、この戦争を経験しているということである。そして皆、感受性の強い10代に厳しい戦いを経て、体にも心にも深く傷を負ったのだった。彼らは戦争という暗い影を引きずる古いアメリカに反逆するかのように、数々の作品を世に生み出していっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。