英米文学概説分冊1

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数580
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英米文学概説(科目コード0086)分冊1
    設問:
     Literature and Societyの章を読んで、Macbethが主人公が生きた時代について知識亡くして感傷でき得るか否か。John KeatsのOde to Nightingaleが夜鶯についての知識なくして感傷でき得るか否か。以上二つの問題を論じなさい。
     私たち日本人のように、英語圏でないものが英文学を読むということは、英語の読み書きができるという最低ラインの条件を満たしていればある程度は可能なことであろうし、読もうとする文学が私たち現代社会に生きる人間ドラマであれば、その物語で取り扱われる社会的背景などは容易に理解することができるであろう。しかし、その文学が時代を遥かに遡ったものであった時、私たちはそれらを理解し、鑑賞することができるであろうか。
     シェイクスピア(William Shakespeare, 1564-1616)の代表作の一つ、『マクベス』(Macbeth,1606)は、今から400年も昔に書かれた戯曲である。ある時、主人公マクベスが持つ心の中に潜む野望を、目的のためにはどんな方法を使ってでも実行する妻に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。