[日大通信]アメリカ文学史(分冊1)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数13
閲覧数1,066
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本大学通信教育部の「アメリカ文学史」の分冊1の合格レポートです。前半ではAn American Renaissanceの概要をまとめ、後半でそこで言及される人物1人について、作品感想を交えて考察しています。
    非常に良い講評もいただいています。
    このレポートではEdger Allan Poeを取り上げています。
    レポート作成のご参考にお役立て下さい。なおあくまでも自己責任の範囲でのご使用をお願いいたします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アメリカ文学史(科目コード0414)分冊1
    横書解答
    [選択2]教材Chapter 4 An American Renaissanceの概要をリポート前半でまとめ、そこで言及される作家・思想家・詩人の中から1人取り上げ、その作家の作品をできるだけ数多く(翻訳書を使用してよい)読み、作品感想をリポート後半で述べなさい。
     1830~40年代にかけてアメリカ社会は急速に拡大し、フロンティアは西部へと移動した。1818年『North American review』が刊行され、巡回講師がボストンやニューイングランドの田舎町をまわり、文化や化学などの知識を説いたことが、一般大衆に知識を拡大することに大きく貢献した。特に若者は自己の内面の探求に傾倒したが、中でも中心的存在となったのが「超越主義者」である。彼らは論理を通してではなく、己の感情や本能から真実を見極めようとし、神を人間や自然のあらゆるところに見出した。その代表的な人物はRalph Waldo Emerson(1803-82)である。「超越クラブ」を創設し、「The Dial」を刊行して彼らの思想や真実の声を載せた。彼は伝統や過去の影響..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。