R0711「法律学概論」第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数399
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    R0711法律学法律学概論第二第2

    代表キーワード

    法律学概論R0711

    資料紹介

    佛教大学「法律学概論」第二設題のレポートで、評価「A」です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    医療をめぐる法律問題について。
     我々が健康で豊かな日常生活を送るために、医療の発展は欠かすことができない。そこで、複雑化する医療をめぐる法律問題について述べていきたい。
    ​医師と患者の権利義務関係
     現代における医療と法の関係を論じるにあたって、医療における患者の権利の確立が非常に重要である。従来の恩恵的・権威主義的な医療は、必ずしも患者の立場に立ったものではなかった。今求められているのは患者の立場に立った医療であり、医師と患者の関係を権利義務に基づいた関係に変えていくことこそが急務である。
    具体的な表れとしては、患者の自己決定権の承認や、医師の医療過誤責任を追及する訴訟の増加などが挙げられる。
    患者の自己決定権について
     我が国の憲法では、すべての国民に健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を保障しており、これを実現する上で重要なのが、適切な医療を受ける権利である。先ほども述べたように、恩恵的・権威主義的な医療はもはや時代錯誤であり、医療の高度化、複雑化、分業化、産業化や、患者数の増大に伴う診療時間の短縮などを契機に、医療における患者の主体的地位を尊重し、適切な医療の実現を図らなけ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。